読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

大通「たまや 日吉」で晩御飯 若店主入魂の焼鳥屋さんでほろ酔い加減

大通 ビール 焼鳥
こんにちは、のえる(仮)です( ´ ▽ ` )ノ

高級チャリを買うために1ヶ月ほど自腹飲みを自粛しておりました。
必要なものは一通り揃えたのでようやく一人飲み解禁でございます。
せっかくなので新規開拓でもしようと思いまして、大通の狸小路あたりをウロウロ。
あれやこれやと彷徨い続けておりますといつの間にやら中心街からだいぶ離れた所に来てしまいます。
界隈に見える明かりは三軒とも焼鳥屋さん。
引き返すのも面倒だったので勘を頼りに飛び込んでみます(笑)

f:id:msoasis:20160506103033j:image
「たまや 日吉」さんです。
事前情報は全く無しですので、とりあえずビールとお通しの枝豆
f:id:msoasis:20160506103135j:image
(喉乾きすぎて減ってしまった)
から、オススメメニューを頼んでいきます。

f:id:msoasis:20160506103232j:image
「豚精」
結構大振りの肉と玉ねぎのバランスが良いです。
最初がっつり後少々で、食べ飽きない感じでしょうかね。


f:id:msoasis:20160506103454j:image
「シンスカート」
牛サガリの串だそうです。
食べてみますとちょっと堅いぐらいの良い具合の歯応え。
甘めのタレが食欲をそそり、一気に頬張ります。
噛めば噛むほど肉の旨みが!

f:id:msoasis:20160506103648j:image
「鳥精」
焼鳥屋さんなのにようやく鳥肉の登場(笑)
塩でさっぱり美味しくいただきます。

f:id:msoasis:20160506103748j:image
「レバニラ(ハーフ)」
看板メニューっぽいこちらは確かに美味。
もやしのシャキシャキとした歯応えと、レバーのクニュっとした歯応えがマッチしていて食べ応えもあります。
味付けは甘辛く、ビールにもってこいなお味のため余裕で2杯お代わりしてしまいました…。
スープが多めだからかスルスル入っていっちゃうんですよね。

f:id:msoasis:20160506104136j:image
締めは白レバー
これぞレバー!
若干ボソボソとはしていますが甘めのタレがカバーしていて食感は良い。
味もうまく調和していて美味しゅうございます。
ハイボールでさっと流し込んで終了です。


こちらのお店、大通の中心からは外れている為、少し歩かなければならないのですが、その価値はありますね。
店内は昔ながらの焼鳥屋さんって趣で、こじんまりとしていながら一人飲みでも居心地最高です。
で、メニューも定番から凝ったものまでありますので飽きのこない設定かと。
店主さんと思しき方はまだお若そうでしたが、一生懸命焼いておられましたし、焼き加減、お味ともGood!でした。
席数はテーブル3のカウンター6ぐらいでしたので、時間帯によっては座れないかもしれないなあ。
なかなか良いところ見つけてしまったかも!

ご馳走様でしたm(._.)m