読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

すすきの「聴雪庵」でハシゴ

肉を堪能した後はすすきのを連れまわされました。

お姉様がいるお店なんですけど、正直私はあんまり好きではないんですよね〜。
まあ人のお金で飲んでる身なのでおおっぴらには言いませんけど、もったいなくねえですかね、あれ。
そりゃまあ美人で若いお姉様とお話しする機会なんてもうありませんけど(号泣)、あの程度の会話とやっすい水割り飲んでるくらいならバー三件くらい回った方がよほど有意義じゃないかと思ってしまう。(なんでもいいって言われたので余市入れたけど(笑))
そうはいってもあらゆる事を知りたいタチなんで、誘われれば付いて行きますけどね(ゲス)。
 
そんなこんなで知人と別れてからお口直しです。
雪がちらちらと舞い落ちる様が非常に美しく、なにか印象的だったのでしょうか、ふと頭に浮かんできたお店。
以前に誰かから教えて頂いたこちらの「聴雪庵」さんです。
 
ニッカの看板から南に2本、西に歩いて30秒ほどで到着します。
有名なジンギスカンの「だるま 本店」向かいのビル1Fにございます。
 
f:id:msoasis:20160129140808j:image
(出典:聴雪庵HPより)
 
洒落た字体が赤い看板に映えます。
中に入るといい具合の薄暗さで、カウンターで6席程でしょうか。
だいぶ飲んでたので写真は全く撮れてません(笑)
あまり観察も出来なかったなあ。
マスターの酔ってる私に対する接し方は完璧だったと思います。
「放置&囁き」
 
とりあえずジントニックを頼みます。
使用されたジンがキングスバリーというものだったのですが、普段飲みつけているものよりもスパイシー(?)というか最初ライムがキツイのかなと思ったぐらいでしたが酒の味として特徴があるように感じました。
美味いですね!
 
んで最後に
f:id:msoasis:20160129141650j:image
「Benromach 10y」
オススメのウィスキーをお願いするとこちらが登場。
数人で(2人?)運営しているものすごく小さな蒸留所とのこと。
スペイサイドなので、良く飲むマッカランと同地域に属するので期待して飲む。
 
(・ω・)!!!
若さ・キレ・甘味・シェリー・ピート・余韻
<O3さん(id:osakezukideotakunaocchan)すいませんパクりました(笑)>
 
シェリーの風味もなかなか効いているし、年数相応に荒っぽいところがあるけど甘さもあって味が立ってる。
余韻の部分にある予想外のピート風味が意外と楽しい!
スペイサイドでもこんなウィスキーがあるんだなあ。
奥深い!
 
バックバーにはBenromachの年数の古いものや、ラムやブランデーなどが揃ってたので再訪したいと思います。
 
ご馳走様でしたm(._.)m