のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

すすきの「牛のいしざき」で晩御飯

さて皆様、ちょっとご褒美で「なんでも好きなもの食べさせてあげるよ。」と言われたらまず何を思い浮かべますか?
相手が友達ならカレー・ラーメン・とんかつといったところでしょうか?
また、恋人やご夫婦の間柄ならちょっとしたフレンチやイタリアンでしょうか?

では相手がお金持ちの年上の知人なら?

私「肉!肉!!ニクウウウウウウウウ!!!」

f:id:msoasis:20160128140017j:image
ということで「牛のいしざき」に行ってきました。ちなみに読み方は「ぎゅうのいしざき」です、お間違えなきよう。

こちらはすき焼き・しゃぶしゃぶがメインとなっておりますが、同じ「いしざき」の名前を冠した鉄板焼ステーキ店「Steak&Wine いしざき」や、網焼き肉料理店の「あみ焼き割烹 和牛いしざき」という三つのお店を出しています。三兄弟で運営なさっているそうです。
いずれも私の情報では高級店となっており、普段はなかなか入れませんのでかなりのハイテンションであったのはいうまでもないことでしょう( ´ ▽ ` )

さてこのお店、ニッカの看板から一本入った通りを東に少し歩くと見える、Gダイニング札幌ビルの3階です。

店内は瀟洒な感じで、それぞれ個室になっています。掘りごたつがありがたい。店員さんの接客も愛想が良くて嫌味がないので言うことなしです。

とりあえず知人の方がささっと「すき焼き霜降りコース」を頼んでます。
ふと値段を見ますと、たっかー(笑)
これは一生懸命味わわねばなるまい!
いざ尋常に勝負!

うむうむやはり割り下系のすき焼きね。
美味いんだよねこのだし汁ネー。
とか言ってるうちにはいきました肉が!

f:id:msoasis:20160128140036j:image
ドーン!
サシが!サシが凄いよお父ちゃん!
そして無駄に大きいよ!
吉牛の肉と見た目が違うんだけど本当に同じ牛肉なのかなコレ!?
と、貧乏感満載で悶えていますと、さっとくぐらせるだけで食べ頃に。
(ヨダレ垂らして待ってたために、作ってくれてる時の写真はありません)

f:id:msoasis:20160128140055j:image
ドドーン!

…。

すいません、かなりゆっくりと食したつもりなんですが、20分持ちませんでした。

だって美味しいんですもの( ;  ; )

なんていうんでしょう肉の旨味、甘味、そしてふわっとした食感。
もうとろけそう。
危うくお代わりしそうになって、自制しました…。

いしざきの牛肉は黒毛和牛「えぞ但馬牛」を使っているそうです。兵庫県の但馬牛の公認の分家らしく、北海道江別市で育成している銘柄牛とのこと。

そして知人がお会計を済ませ、いざ帰ろうとすると店員さんが道中みんなで頭を下げてきます。
「ありがとうございました」

なんだかいっぱい満足しました、こちらこそありがとうございます。

ご馳走様でしたm(._.)m