のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

大通「シチューとラクレットのお店 cocotte」で晩御飯

こんばんは、のえる(仮)です( ´ ▽ ` )ノ

ここのところ当たりがない。
由々しき事態です。
複数人で行くケースも多くてあきません。
おかしい友達いないはずなのに。

そんな中でご紹介しますのが大通の狸小路、西7丁目にあります「cocotte」さんです。
こちらは店名に「シチューとラクレットのお店」と銘打っておりまして、ビーフシチューとラクレットが名物とのこと。
ずっと気にはなっていたのですが、今回初訪問となりました。

f:id:msoasis:20160120201550j:image
ラクレット&肉」
ラクレットというのはフランスのサヴォア地方の伝統料理で、チーズの断面を温めて溶かし、ナイフなどで溶けた部分を削いでジャガイモなどにかけて食べる料理だそうです。
今回はお肉にかけるものを頼んでみました。
初めて見る専用のチーズ温め機に感動しつつも、ドロドロになったハードチーズがソーセージ・ウィンナー・ボロニアハム・パテドカンパーニュ・サラミ・パンに掛けられます。
塩っ気の強いチーズとお肉たちがまあ合うこと。
赤ワインにもピッタリです。
3杯いっちゃったよね。

f:id:msoasis:20160120202448j:image
「道産牛すね肉のビーフシチュー」
未確認飛行物体が写り込んでますがお気になさらず…。
フォン・ド・ボーから作っているらしい本格派。
あーこれ煮込んだんだなあというのがわかる柔らかいすね肉。
奥深い味わいとコク、甘味が混じり合って、さらに牛肉の旨味がブワッときます。
んまいわこれ(笑)
赤ワインもすすみますなあ。

f:id:msoasis:20160120202926j:image
「カキの揚げ物」
口寂しくなったのでおつまみとして追加。
小ぶりですが美味しい。

店内はお客さんの入りも良く、繁盛店らしい活気に満ちていました。
メニューの内容と可愛らしい内装の為か女性客の比率が高かったかな。
ラクレットってなかなかお目にかかれないですし、そういう意味でも食べに来る価値はあるかもしれないです。
あえて言うなら接客がちょっと元気がないというか…。
お味や雰囲気はとても良かったので満足でした。
ただ男1人で再訪はないと思います。
女性とだったら安心して来店できそう。
まずは出会いから(違