読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

神隠し IN MY HOUSE

こんばんは、のえる(仮)です( ´ ▽ ` )ノ


我が家で起こった怖い話。

ここ最近物が無くなっていたのです。

秋口に寒いなあと思ってお気に入りのパーカーを探したのですが、どれだけ探しても無い。おかしいなあと思いつつも、どこかにしまってあるんだろうと買い物に出てそのまま忘れてしまいました。

同じ時期には、外仕事の予定があったので久しぶりにちょっと着古したスーツを着ようと思ったらこれも無い。この時もアレ?って思ったんですが、そのまま仕事に出ることに。

年末にデスクのネジがひとつはずれかけていたので、ドライバーセットを引っ張り出そうとしたのですがこれも無い。んー?そんなに広くも無い2LDKなのにこんなに物って見つからないものか?なんて思ったんですが、単品のプラスドライバーを予備で持っていたのでそれで増し締め。

年明けには以前頂いた割りと良いお値段のウィスキーでもあけようかなとキッチン周りを探すも無いのです。おかしい、これはさすがにただ事じゃ無いぞ、と思いはしたものの、アルパカワインとチーズで良い気分になってしまったため忘れてしまいました。

そして先日、冬ということで久しぶりにユニコーンを聴きたくなり(iPhoneには入ってないのです)、CDを漁るもこれも無い。よく見ると色付きのCDぶち込みBOXの中身が半分くらいになっています。

ずぼらな私もことここに至ると異変に気付きます。日頃から全幅の信頼を置く奥様に助けを求めます。

「ちょっと奥さんCDが無くなってるー。妖怪の仕業かもしれないよー!」

「あー捨てたよそれ。」

「?!?!?!?!」

「だって聴いてなかったでしょ?いいじゃん別に。」

いいじゃんってどういう了見だ!寒くなったら雪が降る町を聴くのは冬の風物詩だろそんなこともわからんのかこのスットコドッコイ!なんていう限りなく昭和なツッコミを口に出せる訳もなく、私が声に出せたのはただ一言

「なにも捨てなくても…。」

「今さらなにを言ってるんだね。この半年だいぶ物捨てていってるの気づかなかったの?」

気付いていませんでした。私の知らないところで壮大なプロジェクトが発動していたのです。

「ほらあれよ。最近話題のミニマリストよ、断捨離断捨離。」

断捨離は分かるがミニマリストってなんだ。気分上々でアゲアゲな人たちのことか?上々で物を捨てる人のことか?

「わかんないかなあ。身の回りのものを少なくするんだよ。物が減ると掃除も楽でしょ。シンプルに生きるんだよ。」

いや生きるんだよじゃなくてですね…。ちょっと待てよ、そういやパーカーだのスーツだのドライバーセットだのウィスキーだのはまさか…。

「余裕で捨てた。」

余裕って使い方間違ってないですか?そもそもなんの確認もなしに人の物捨てます?待て待てもしかして他にも捨てられてるんじゃ…。

「古くなったカバンとかジーンズとか靴とか捨てたけど?」

うわああああああああああああああああああああっっっっっっっあああああああ♪───O(≧∇≦)O────♪(錯乱)

社会人ならそりゃ私服率低いですよでもそこそこいいやつ買って滅多に着れないから地道に着続けてエイジングしてようやくいい色合いになってきたなーなんて一人悦に入って楽しんでたのに君は一体なにを考えているんだねこのバカチンがああああ。と心の中で慟哭していますととどめの一言。

「まあいいっしょ、汚かったし。」

…。

サヨナラワタシノヱビスジーンズ、サヨナラアイリッシュセッター、サヨウナラジミニヨンマンエングライシタカバン。

あ、純白の一角獣が囁いてくるよ。

「この悲しみをどうすりゃいいの」

以上、ヤケ酒呑みながら書いてる愚痴ブログでした…。