読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

「不合理と 合理の狭間で BABYMETAL」 プルオトVol.7

BABYMETAL 音楽

こんにちは、のえる(仮)です( ´ ▽ ` )ノ

 

やったぜMステ

さてみなさん、12月25日の「ミュージックステーション スーパーライブ2015」はご覧になりましたでしょうか?

当然ご覧になったでしょう。

そうに違いない。

 

しかしまあ・・・

 

 

 

 

客席ドン引きwwwwww

 

草が生えるとはこういうことをいうのか、というぐらい笑ってしまいました。

 

いや、BABYMETAL自体は楽しみましたよ!

相変わらず歌うまかったですしダンスもキレてたし、民放の歌番組なんて久しぶり。ましてやこちとらライブに行けない身としては、実際に歌って踊るところを見る機会なんてまあ千載一遇のチャンスだったわけですよ。1曲の持ち時間が短かったとはいえ神バンドさんたちも出演してましたし、ヴィジュアル的には満足でした。タモリさんとの掛け合いの場面でも、結構情報出してくれたんじゃないかな。

音自体はBABYMETALとX JAPANが圧倒的な異質感を醸し出していました。他がおとなしめなところに持ってきて轟音響かせてましたから、まあギャップがすごかったです。ただ40組超のアーティストに交じってですからね。オーディエンスもジャニーズやAKB48グループのファン層が多かったように見受けられましたし仕方がないのでしょう。あまりの突然の変化に( ゚д゚)ポカーンとした感じがものすごくツボりました。

しかしですね。私自身が経験したことですが、そこから始まるんですよ。印象としては恐らく最も強いのです。そこからはもうズルズルと虜に…。恐ろしいですね。ツイッターなどでもかなりの反響があったようですし、ますます楽しみです。

(ちなみにX JAPANのXジャンプにもまごついていた模様)

 

「タイトル未定」(初回生産限定盤)(DVD付)

「タイトル未定」(初回生産限定盤)(DVD付)

 

予約しましたヽ(  ´  ∇  `  )ノ

 

おっさん×ベビメタ論

それはさておき、皆さん合理化・効率化って考えてますか?

私も仕事の折にはもれなく合理的な考え・効率的な考えをもってあたるようにしております。これって端的にいうと、コストや時間、手間などといった無駄な部分をそぎ落としていくこと。そうすることによって使う資源を最小にして、最大の成果を得る。理想的ですよね。

でも突き詰めていくとこれってすごく無味乾燥。つまらないんですよね。完全に作業になります。自分に対しても、相手に対しても面白味がないのです。

時には浪花節みたいな、人情にあふれた無駄なことが必要になると思うんですよ。心に響く、みたいな。

人間ですからね。

 

ひるがえってBABYMETALはどうか?

決して合理的とは言えないです。

アイドルとメタルなんて普通に考えたらありえないですし。

かわいい子がいるならアイドルやってみればいいし、歌がうまい子がいればシンガーやってみればいい。ダンスがうまいならダンサーです。あたりまえ。

多分それが一番わかりやすくて、一番の近道なんじゃないかと思うんです。

売り方にしてもそうですね。

YouTubeで人気が出た、海外で人気が出たというのはあくまで後付け。実際にはアイドルグループ内の1グループとして遊んでたらたまたまYouTubeで話題になって、宣伝にかけるつもりもなかったのに口コミでどんどんステマみたいに広がって行ったんです。アイドル活動の主流になってた「身近にいる」という売り方も一切拒否してたら、いまやライブチケットもプレミア化、国内・海外問わずワンマンライブのチケットはソールドアウトで「最も会えないアイドル」になってしまいました。海外で先に人気になったもんだから、今回のMステみたいに国内がアウェーみたいになってるんです。むしろ売れちゃって運営サイドが驚いてどうしたらいいのかわからないといった時があったように見受けられます。

もういろいろ不合理が重なって今のBABYMETALがあるんだと思います。

 

でもさ、ここまで非合理的ななにかが重なるっていうのはもう奇跡っていうんじゃないのかなと思うんですよ。

 

多分世の中の疲れたおじさん達を魅了してやまないのも、効率化ガーとかコスト削減ガーとか言われまくってブチ切れそうな頭を、ものすごくスッキリさせてくれる存在だからなんじゃないですかね。「やってみなはれ」って回り道しながらとにかく突き進んで、立ち止まって、そうやってゴールを目指していたわけです。これを今この時代のアイドルが、懐かしのメタルサウンドに乗せて体現してくれている。

 

結論:ハマらないわけがない。

 

 

SU-METALの歌声

ということで(ぇ、Mステでも輝いていたSU-METALさんのボーカルを堪能していただく動画を2点ご紹介します。

 

魂のルフラン

BABY METAL SU-METAL Tamashii no refrain HD - YouTube

まだ演奏が生じゃない頃の持ち歌少ない時期のライブですね。

みんな大好きな歌のカバー、震えます。

 

「紅月」アカペラバージョン

BABYMETAL Russian Fanclub Congratulation SU-METAL Happy 18th Birthday, painting in the sand. - YouTube

ロシアのファンクラブの人がサンプリングかなんかして作ったものでしょう。

アカペラめちゃくちゃ良いですね。

 

 

年末年始はBABYMETALのライブビデオ漬けになりそうなので、このシリーズはまた来年。

それでは

 

SEE YOU!