読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

札幌市すすきの・大通界隈で(大体)1人で食べ歩きや飲み歩き、読書や日常などのなんでも感想文です。

仕事

のえる(仮)的年度末・年度初め

こんばんは、のえる(仮)です( ´ ▽ ` )ノ 3月半ばから4月半ばまでは非常に大変。 1.年度末の仕事の追い込み。 2.年度末の飲み会。 3.年度末の〆作業。 4.たまにブログ書いたり読んだり。 5.休みの日は奥様孝行。 6.BABYMETALのニューアルバムを堪…

営業会議で「ほぼほぼ」と言って激怒された後輩への手紙

今週のお題「印象に残っている新人」 前略 死んだ魚の目をした新卒の君へ 日本語というのはとても難しいものですね。そして時に言葉は人を傷つけたり、傷つけられたりするものでもあります。”Cool Guy”を日本語にしてTatooを入れたいと駄々をこねた外国人が”…

【感想戦】ブラックで死にかけたけど生還した話

msoasis.hatenablog.com msoasis.hatenablog.com msoasis.hatenablog.com はじめに 3回に渡って過去のブラック体験談を書いてみました。 今なら平静に書く事が出来るかな〜なんて考えていたんですが、なかなか簡単にはいきませんね。 時折フラッシュバックみ…

続々・或る営業マンの回想

msoasis.hatenablog.com msoasis.hatenablog.com 続きです。 【第六章】終わりに向けて このようなことを5年ほど続けて、私と私を取り巻く環境が最終的にどのような状況になっていたかをお伝えしたい。 営業活動は至極順調だった。身を削って作り上げた販売…

続・或る営業マンの回想

msoasis.hatenablog.com 続きです。 【第三章】時の黒魔法 勤務時間の話をしよう。 入社時点の支店では、朝9時から始まり夜は遅くても21時までには帰ることができていた。そもそも支店長が早く帰りたい派だった為、私たち下っ端は特に上を気にすることなく自…

或る営業マンの回想

【序章】はじまりの色は白 2月とはいえ珍しく雪が降っていた。 「支店長!調子いいですね!」私は帰社すると同時にそう声を掛けた。「大山、これは良いとこ行くかもしれないな。」支店長の高村は上機嫌だ。 全国に支店のある年商200億程度の小規模外資系メー…